若いって見栄を張る私

宇都宮に住むアヤコです!29歳です。

三十路手前なので、20代最後にやっておくことはないのかと、日々奮闘中です。胸を張って、20代ですなんて言えなくなりますからね。

時の流れというものは残酷なもので、若かったと思ったらもう三十路手前まで来ちゃって、そろそろ自分磨きしないとなあって思っています。

最近悩んでいることは肌荒れが気になってきたから、エステとか通いたいって思ったりしています。

自分磨きってお金かかりますよね。お金かけないと、自分って磨けないものなのでしょうか。内面はいくらでも磨けると思いますが、外見はちゃんとケアしないとダメなんです。

若作りなんておばさんのやることだと思っていたのですが、自分がそのおばさんの年齢になってしまったんですよね。ある意味ショックで、今の自分に絶望しているところです。

着る服も選ぶようになってきて、宇都宮PARCOなんかに行っても、最近では若い子の服って感じで、買って着るのをためらうくらいです。だんだん意識的にも、これは似合わないなって避けるようになってきました。

休日の楽しみと言ったら、カフェに行って、友達とおしゃべりするくらいかな。どこか派手なところに行って、ワイワイ騒ぐなんてしなくなりました。

最近思うことがあって、宇都宮にそびえ立つ宇都宮タワーというものがありまして、展望デッキもあって、電波塔の役割までしてるんです。
紅白の色合いをしていて、夜にはライトアップできれい。
まるで東京タワーみたいな形をしてるんですよね・・・。

なんだか見栄を張ったようで、今の私に似ていると思いませんか?

栃木ってどことなくほかの県を敵視してる感があって、東京タワーを意識して作られているんじゃないかと思います。

私も若い子を意識しすぎて、自分の本当の価値を理解していないのではと思いますけど、若くなくても若いままでいたいのです!

もう三十路だからって、若い自分を諦めたりなんかしませんから!